第3回:男性と女性どっちが大変か?


キャバクラを恋愛の場と考えた場合、
男性と女性で
どっちが大変でしょうか?

答えは簡単ですね。

女性の方が大変です。

ちょっと、待った~!

口説こうと思っても、
まんまと騙されてしまう男性の方が大変じゃない?

と、思った「お客様」も沢山いそうですね。

男性は、好きな女性を自由に選べます。
時間を掛けて、ゆっくり口説けます。
お金は掛かりますが…

女性は、どうでしょう?

フリー(指名の無い客)の席に着いて、
短時間で男性を口説かなくてはなりません。
20~30分といったところです。

もちろん、

「好きです。何でもします。」

なんて、
男性を口説いちゃう訳にいきませんから、
口説き方も難しいです。

男性は、女性をルックスで選んでしまうケースが多いので、
努力が報われにくい点もあります。

女性にとっての努力は、
ひたすら、キャラを磨くしかありません。

自分のルックスや性格に合ったキャラを作り上げて、
そのキャラが好みの男性を待つしかないのです。

では、男性はどうすれば良いのでしょう。

気に入った女性に良い印象を持ってもらうための手段が
色々あります。

まず、ルックス。

視覚で感じる第一印象は、
ルックスしかありません。

これで、諦めてしまっている人もいるでしょう。

では、次の文章をよく読んでください。

イケメンだけど、不潔な男性。
イケメンじゃないけど、清潔な男性。

答えは分かりますよね。

清潔な男性とは、…
そんなことは、ここでは述べません。

第一印象を嗅覚で主張するようなことは、論外です。
止めてください。
臭い人は嫌われます。

臭わなければいいというものでは、
当然ありません。

そばにいたくないと思われたら、
その時点で失格です。

「ルックスが良くないから、
ちゃんと相手をしてもらえない。」
と思っている男性がいるでしょうが、
イケメンだけが男性として、
認められている訳ではありません。

「イケメンだと、疲れて嫌だな~。」
と思う女性もいます。

外見と性格は別な筈ですが、
なぜだか、ルックスがいいと、
性格がキツイという印象を
持たれてしまう場合があるのですよね。

だから、イケメンだと、
かえって不利に働くこともあります。

それから、
明るそうな人、暗そうな人も
第一印象で見分けられます。

視線を合わせられない人は、
話づらそうに思われます。

また、初めからテンション高めの人も
ちょっと不気味に見えます。
要注意です。

話を始める前に、
すでに多くの印象を与えてしまっています。

視覚的な印象の悪さは、
聴覚にうったえて補おうとしても難しいです。

喜んで話を聞いてもらえる前段階が重要なのです。

つまり、女性は、
「そばにいたい」
と思える男性を求めているのです。

「そばにいたくない」
と思われる要素を全てカットできれば、
第一関門突破です。

今日は、ここまで!

著者:叶 真翔